陶芸と日々のこと

茨城県潮来市で作陶している平松祐子のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍛冶の新田さんの工房へ

珍しく連日ブログ更新です。

今日はオーダーしていたアイアンの棚を受け取りに新田さんの工房へ行って来ました。
新田麻紀さんは笠間市に住んでいて、秋の益子陶器市で場所をシェアしている鍛冶さんです。
レンタル什器もやっていて今まで陶器市で棚を借りていたのですが、ついに奮発して手に入れました!
やっぱり什器で作品もうん倍増しになるなと実感。

棚は今まで借りていた棚より一段低くして幅を広くしてもらったのですが、ばっちりのサイズ感でした!

そして制作風景を見せてもらうことに。
初めて見る作業風景に引き込まれました。

炉に火を起こし鉄の棒を入れて熱します。
20150830_104200.jpg

20150830_104209.jpg この炉も自作!


熱したら出して叩き、また熱して叩くという地道な作業ですが着実に出来上がっていきました。
20150830_104350.jpg ずっと素手‥

20150830_104624.jpg 叩いたり曲げたりする台 

20150830_105212.jpg

20150830_105642.jpg 最後に熱々の鉄をミツロウの中へ。

20150830_105741.jpg 出来た~

工房引っ越しお祝いとしてこのフック頂きました!ありがとう!

びっくりしたのは道具も自作のものが多いこと。
鉄を挟むペンチや炉まで。

やっぱり作家は道具も作らないとなと反省。
麻紀ちゃんの手はヤケド?のような跡やマメがあって
女性のいわゆる美しい手ではないけどすごくかっこいい・素敵だなと思います。
手のひらの皮が厚くなってるからうっかり熱々触っても水ぶくれにならないけどすごく痛いと言ってました。。

新田麻紀ちゃん作の棚は9/6の丘の上のマルシェ(大子町)でお披露目します!
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。